どうやってやる?自らwebサイトを翻訳する方法

自信がない場合は翻訳サービスを使おう

「日本語のwebサイトを英訳して世界中に発信したい」「外国語のwebサイトを日本語に訳して注目を集めたい」などとサイトの翻訳を考えている場合に、立ちはだかるのが語学の壁です。もちろん、自分で翻訳できる人は、そうすればよいでしょう。できるだけ自然な文章に翻訳することで、何の問題もなくその目的を達成できます。しかしながら、そのレベルの語学力がない人は、どうすればよいでしょうか? そういう時は外注するのも1つの方法ですが、何らかの翻訳サービスを使うことで、その目的を自分の力で達成することもできます。翻訳ソフトを購入して利用してもよいですし、「Weblio翻訳」「Google翻訳」「Bing翻訳」といった、ネット上から無料で利用できるサービスがあります。最近は翻訳サービスも、データの蓄積のおかげでずいぶん精度が上がっていますので、そういったサービスを用いることで、自力での翻訳も可能なのです。

日本語を外国語にする場合は翻訳しやすい文章を入力するのがコツ

その際に、1つのコツをご紹介します。精度が上がっているとはいえ、翻訳サービスはやはりコンピュータがしている作業です。ですから、コンピュータが翻訳しやすい文章を入力することが、そのコツなのです。

たとえば日本文を英文に訳したい場合に、こんな点に注意を払うと良いでしょう。まず、主語を明確にした日本文を作り、それを翻訳させるようにしてください。日本語は主語がなくても意味が通じる場合がありますが、英語では必ず主語を必要とするからです。それから、動詞の時制も明確にしてください。現在形か過去形か現在完了か未来形か、などを明確にした日本文を翻訳させましょう。また名詞についても、単数か複数か、単数でも固有名詞か否か(冠詞がtheになる名詞か、aまたはanになる名詞か)を明確にするようにしましょう。このように、英訳しやすい日本文をあらかじめ作ることで、より精度の高い翻訳が得られるのです。